エクラシャルムの使い方(朝)

 

エクラシャルムの効果的な使い方についてまとめました。

 

朝と夜の2回塗ること以外にどのようなコツがあるのか気になりますよね。

 

間違った使用方法はニキビを悪化させる原因にも繋がります。

 

また、ニキビケアには避けられない正しい洗顔方法についてもコスメマイスター、スキンケアマイスターの資格をもつ私がプロの視点から解説しています。

 

資格の認定証

 

 

エクラシャルムの基本的な使い方を検証!

 

エクラシャルムの正しい使い方を実際に試し、使用量もたっぷり濡れるのか検証しました。

 

エクラシャルムの正しい使い方!

 

エクラシャルムの正しい使い方は公式サイトにはこのように記載されています。

 

エクラシャルムの基本的な使い方

 

実際に基本的な使い方を試してみました。

 

使用量は十分だった?

 

公式サイトでオススメされていた使用量は50円玉代ほどです。

 

エクラシャルム1回の使用量

 

実際に使ってみると伸びが良いため顔にはたっぷりと塗ることができました。

 

1回の使用量はこの量で十分と言えます。

 

エクラシャルムを塗るタイミング!

 

ファビウスの公式サイトでは、

 

いつ使えばいいですか?

 

洗顔後や入浴後などの清潔な肌にご使用ください。

 

1日朝晩2回のご使用をオススメしております。

参考元:ファビウス公式サイト

 

このように記載されています。

 

エクラシャルムを塗るタイミングは肌が清潔な状態です。

 

朝塗る場合は基本的に洗顔後、夜塗る場合は入浴後です。

 

また、エクラシャルムを塗る手も清潔にしておく必要があります。

 

それぞれエクラシャルムを朝と夜に効果的に塗る方法を解説していきます。

 

エクラシャルムの効果的な使い方!

 

エクラシャルムの効果的な使い方を知ることは、結果的に様々な肌トラブル予防にも繋がります。

 

また、汗をかきやすい夏場はどうすれば良いかまとめました。

 

最初に朝と夜の場合に分けて効果的な使い方を解説していきます。

 

エクラシャルムの効果的な使い方!【朝】

 

ニキビが頻繁にできていると、朝起きて顔がベタベタすることってありますよね。

 

皮脂が過剰に分泌されて汚れも溜まっている状態です。

 

朝はまず洗顔から余分な皮脂や汚れをリセットすることが大切です。

 

正しい洗顔を行う

 

清潔なタオルで優しく拭き取る

 

乾燥する前にエクラシャルムを優しく塗り込む

 

 

このときに冷水ではなく約32℃のぬるま湯で洗顔とすすぎをすると肌にも負担が掛かりにくいです。

 

洗顔後は肌が乾燥する前にエクラシャルムを塗るようにしましょう。

 

正しい洗顔方法は次の章で詳しく解説していきますね。


 

エクラシャルムの効果的な使い方!【夜】

 

メイクをしたまま寝てしまい肌が荒れてしまった経験ってありませんか?

 

夜のスキンケアに手を抜いてしまうと、睡眠中にニキビなどができる原因にも繋がります。

 

入浴中に洗顔することで肌が柔らかくなるので浸透しやすいタイミングでもあります。

 

また、洗髪、体を洗った後に洗顔すると肌の乾燥も抑えられます。

 

メイクに合わせクレンジングで落とす

 

正しい洗顔を行う

 

清潔なタオルで優しく拭き取る

 

乾燥する前にエクラシャルムを優しく塗り込む

 

女性の場合、朝と使い方の異なるポイントはメイク落としです。

 

乾燥がひどい場合はダブル洗顔は控えることも必要です。

 

ニキビがひどい場合もメイクは油分を抑えたパウダータイプなどがオススメです。

 

 

夜にエクラシャルムを塗り、朝起きた状態でも保湿力に優れているのでしっとりと水分量もキープされていました。

 

こちらの記事でも保湿力の実験を行った結果をまとめています。

 

エクラシャルムは本当に効果があるのか検証していますので、気になっている方は参考にご覧下さい。


 

夏は多くて1日3回まで!

 

エクラシャルムの夏の使い方

 

エクラシャルムを1日に塗る回数は多くても3回までだと肌への負担も抑えられます。

 

基本的には朝と夜の1日2回です。

 

しかし、夏場は汗もかきやすく皮脂が過剰に分泌されることもあります。

 

そのため、夏場は気持ち悪くて何度も洗顔してしまう方もみえますが、間違った洗顔方法で毎日何度も洗顔するのはニキビの悪化、シミの原因などにも繋がります。

 

正しい洗顔方法!

 

ニキビは肌を清潔にすることが大切です。

 

また、洗顔時にも刺激を抑えることが肌トラブル予防のコツでもあります。

 

洗顔は基本的に泡洗顔です。

 

※理想はコップに洗顔フォームを溶かし、筆ブラシで泡立てると衛生的にもオススメです。

 

正しい洗顔方法の手順!

 

泡立てネットを使う場合もきめ細かい泡ができるまで揉み込む

 

肌を引っ張らない程度の優しい力加減で手早く洗う

 

 

5分10分と時間をかけると肌にも負担になります。

 

また、洗顔は皮脂の多いTゾーン(おでこや鼻など顔の中心)から洗うことをオススメします。


 

洗い残しがないようにしっかりすすぐ

 

※約30℃のぬるま湯だと負担も抑えられます。

 

清潔なタオルで擦らないように拭きとる

 

エクラシャルムの間違った使い方!

 

エクラシャルムの間違った使い方というよりは、スキンケアや道具の注意点となります。

 

まず泡立てネットを使う場合は、使用後にしっかりとすすいで干すようにして細菌の繁殖を抑えましょう。

 

タオルも菌の繁殖していない洗濯した新しい物を使うことも大切です。

 

また、冷水でのすすぎは皮脂が落としづらいと言われています。

 

丁寧なすすぎが大切ではありますが、強めのシャワーを顔に直接当て続けるのはシミの原因となります。

 

さらに生え際は洗い残しも多いため肌トラブルの原因となります。

 

 

男性の場合は洗顔フォームを泡立てずに使ったり、シャンプーのついでにそのままゴシゴシと洗顔してしまう方も多いです。

 

また、スクラブ入りの洗顔フォームもニキビにはオススメできません。

 

なかなかニキビが治らない、むしろ悪化した原因はここにある可能性も高いです。

 

こちらの記事で男性のエクラシャルムの効果や注意点についても詳しく解説していますので参考にご覧下さい。


 

まとめ!

 

エクラシャルムの正しい使い方と効果的な使い方の違いは「正しい洗顔方法」や「夏場の頻度」などにあります。

 

また、洗顔時のお湯の温度や清潔なタオルなど細かいポイントも肌トラブルの予防に繋がります。

 

ニキビができている場合は刺激を抑えて清潔にすることがポイントです。

 

さらにエクラシャルムで保湿を行うことが効果的な使い方です。

 

ゴシゴシと1日に何度も洗い、塗り忘れて乾燥しきった肌にあとからエクラシャルムを塗るのとでは治りも遅く悪化させる原因でもあります。

 

正しい効果的な使い方をすることでエクラシャルムは最高のパートナーになってくれるかもしれません

 

理想の肌に!エクラシャルム公式サイトはこちら!

ページの先頭へ戻る